まったく新しい出産です

まったく新しい出産です

妊娠し、辛い悪阻時期を終え、安定期を過ぎると、出産シーンそのものに興味が涌くでしょう。
ものすごく痛いとか、鼻の穴からスイカを出すくらいの痛みとか、男性は我慢できない痛みだとか、話だけ聞くと出産が怖くなっても仕方の無いことです。痛みのことばかり考えてしまい、出産そのものを楽しめなくなってしまいうでしょう。

しかしそれはとてももったいないことです。

妊娠出産は女性にしか経験のできないことですし、そんなに回数を経験できるものではありません。

それを楽しめれば、その後の育児も少し楽に感じられるのではないのでしょうか。

今、最も注目を集める出産について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

そのための秘訣を考えていきましょう。


まずは出産を怖がらないことが大事です。そのためには育児本などで出産記を読んだり、経験者に話を聞くのが良いでしょう。
出産は十人十色といいますか、その人その人で出産パターンが違います。

いろんなパターンがあることを知るのが良いでしょう。そのうえでイメージトレーニングを重ねるのです。そして産院等で実施されているラマーズ法講座等に出席するのも良いでしょう。

助産師さんや看護師さんから詳しい話を聞けますし、ビデオ等を視聴することにより、よりイメージがしやすくなります。
分娩時に痛いのは妊婦さんだけでなく、赤ちゃんも一緒にがんばっていることを知れば、少しは痛みに耐えられる気がしませんか。

そして一番大事なのは、呼吸をちゃんとする、ということです。

分娩時の痛みを逃がすことになりますし、呼吸をしないと赤ちゃんに酸素がいかず、赤ちゃんも苦しい思いをすることになるのです。
分娩は妊婦さんだけががんばるのではなく、お腹の中の赤ちゃんも一緒にがんばって生まれてくるのです。

痛みに集中せず、お腹の赤ちゃんにも思いを馳せて欲しいのです。出産は妊娠から始まった妊婦生活にピリオドを告げる、重要なポイントです。
何回も経験できることではないのですから、ぜひ幸せな分娩をして欲しいと思います。

痛みを怖がるだけでなく、その痛みすらも楽しめれば、きっと幸せな妊婦生活だったと思い起こせると思います。